コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤松坨 さとう しょうだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤松坨 さとう-しょうだ

1795-1866 江戸時代後期の医師。
寛政7年生まれ。佐藤玄厚にまなび,郷里の越後(えちご)(新潟県)三条で開業。玄厚の没後,佐藤氏をつぐ。その孫玄雪,寛斎を養育し,師家の再興につくした。画を長谷川嵐渓(らんけい)にまなび,詩文にもすぐれた。慶応2年9月27日死去。72歳。本姓関川。名は定祥。字(あざな)は荘敏。通称は淳庵。別号に履堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤松坨の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android