コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川嵐渓 はせがわ らんけい

美術人名辞典の解説

長谷川嵐渓

江戸末期の画家。名は筌、字は芳渓、通称は吉右衛門・張嵐渓。大槻磐渓春木南湖に学ぶ。仙台に赴き菅梅関の門に入る。慶応元年(1865)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川嵐渓 はせがわ-らんけい

1814-1865 江戸時代後期の画家。
文化11年生まれ。わかくして江戸にでて蘭学者大槻磐渓(おおつき-ばんけい)の門にはいり,絵を春木南湖にまなぶ。のち仙台の文人画家菅井梅関の山水の画風にひかれ門人となる。慶応元年5月9日死去。52歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は荃。字(あざな)は芳渓。別号に香峰,張嵐渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長谷川嵐渓の関連キーワード南渓(2)佐藤松坨村山半牧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android