コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤義美

3件 の用語解説(佐藤義美の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐藤義美

1905年、現在の大分県竹田市挟田生まれる。早稲田大学に進学、在学中から童謡の作詞家として活躍する。戦時中はほとんどの作品が「英米的」という理由で発売禁止に。戦後の代表作に「いぬのおまわりさん」「アイスクリームのうた」「バスの歌」がある。反戦詩「ともだちシンフォニー」をはじめ、平和や反核を訴える作品も多い。

(2008-04-23 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤義美 さとう-よしみ

1905-1968 昭和時代の童謡詩人,童話作家。
明治38年1月20日生まれ。少年時代より詩,童謡を雑誌に投稿。昭和7年童謡集「雀(すずめ)の木」でみとめられた。22年「こどもペン」を創刊し,創作童話にとりくみ,「あるいた雪だるま」などをあらわした。童謡「グッドバイ」「いぬのおまわりさん」などで知られる。昭和43年12月16日死去。63歳。大分県出身。早大卒。筆名は緑夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤義美
さとうよしみ
(1905―1968)

童謡詩人、童話作家。大分県に生まれる。早稲田(わせだ)大学国文科卒業。少年時代より童謡をつくって『赤い鳥』などに投稿、処女童謡集『雀(すずめ)の木』(1932)で認められる。明るい近代感覚に満ちた幼児向け童謡作品に優れ、広く歌われている作品に『グッドバイ』『いぬのおまわりさん』その他がある。第二次世界大戦後、1947年(昭和22)奈街(なまち)三郎らと『コドモペン』を創刊。幼児童話も書き、童話集『あるいた雪だるま』(1954)などを出している。[上笙一郎]
『『佐藤義美全集』全6巻(1973・同書刊行会) ▽『日本児童文学 「佐藤義美追悼」特集』(1969.3・日本児童文学者協会) ▽『日本児童文学大系27 佐藤義美他集』(1978・ほるぷ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐藤義美の関連キーワード金子みすゞ葛原しげる天江富弥大村主計古村徹三巽聖歌茶木滋鶴見正夫まど みちお矢崎節夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐藤義美の関連情報