コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤藤佐(1) さとう とうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤藤佐(1) さとう-とうすけ

1775-1848 江戸時代後期の理財家。
安永4年生まれ。佐藤泰然(たいぜん)の父。出羽(でわ)飽海(あくみ)郡(山形県)升川村の人。江戸で旗本の伊奈家などにつかえて諸家の財政をたてなおし,矢部定謙(さだのり)にみとめられる。天保(てんぽう)11年鶴岡藩主酒井忠器(ただかた)が転封(てんぽう)を命じられたとき,幕府中枢にその不当性をうったえた。嘉永(かえい)元年死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐藤藤佐(1)の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起プガチョフの乱ワイマール市民革命黒住教比較教育学カモラガリバルディカルロ・アルベルト