コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤泰然 さとうたいぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤泰然
さとうたいぜん

[生]文化1(1804).武蔵,稲毛
[没]明治5(1872).4.10. 東京
幕末の蘭方医。初め田辺庄右衛門と称し,旗本伊奈家用人をつとめた。天保1 (1830) 年足立長雋に入門,蘭方を学び,同5年,伊奈家をやめて名を和田泰然と改め,長崎に遊学。そこでオランダ語と医学を学び,同9年,江戸に戻って薬研堀に和田塾を開く。同 14年,千葉佐倉に移住,これより父の姓,佐藤を称す。佐倉では蘭学塾順天堂 (→順天堂大学 ) を開くとともに佐倉藩主堀田正睦の侍医となる。安政6 (59) 年,隠居して家督を佐藤尚中に譲り,江戸,横浜に移住した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

佐藤泰然【さとうたいぜん】

江戸時代末期の医学者。武蔵国川崎在に生まれ,江戸と長崎で蘭方の医術を学び,1838年江戸で開業,1843年佐倉に移り,病院と家塾を開き順天堂と称した。養子尚中〔1827-1882〕とともに外科にすぐれ,名医の名が高かった。
→関連項目林董松本良順

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤泰然 さとう-たいぜん

1804-1872 江戸後期-明治時代の蘭方医。
文化元年生まれ。佐藤藤佐(とうすけ)の長男。松本順,林董(ただす)の父。足立長雋(ちょうしゅん)にまなぶ。長崎遊学後,天保(てんぽう)9年江戸薬研堀(やげんぼり)に和田塾をひらく。14年下総(しもうさ)佐倉にうつり,日本最初の私立病院順天堂を開設。明治5年4月10日死去。69歳。武蔵(むさし)川崎(神奈川県)出身。姓ははじめ田辺,和田。名は信圭(のぶかど)。号は紅園。訳書に「整骨備要」「謨斯篤牛痘編」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤泰然

没年:明治5.4.10(1872.5.16)
生年:文化1(1804)
幕末の蘭方医。順天堂(順天堂大学)の創始者。名は泰然,号は紅園。武蔵国稲毛(川崎市)生まれ。幼名は田辺昇太郎。長じて旗本伊奈家に仕えて,名を庄右衛門,通称を信圭と改め,さらに30歳で蘭学を志し,足立長雋に学び,姓を和田(母方の姓),名を泰然と改称。天保6(1835)年,長崎に遊学,末永甚左衛門に寄宿して学ぶ。同9年江戸に戻って,薬研堀に林洞海らと和田塾を開く。同14年,和田塾を女婿となった洞海に任せ,下総国(千葉県)佐倉に移り,姓を佐藤(父方の姓)に改め,順天堂を開く。同時に佐倉藩の藩医となり,藩校で蘭学を教え,嘉永2(1849)年に藩内での種痘の実施を指導。嘉永年間(1848~54)に順天堂で行った治療の記録は『順天堂実験』(関寛斎記録)にあり,安政年間(1854~60)には帝王切開,卵巣腫瘍摘出などのさまざまな手術が行われた様子が料金表(療値定)から推察される。安政6(1859)年に家督を養子の佐藤尚中に譲り,横浜に住み,佐倉藩に外国の事情を報告。なお尚中の長崎遊学時や藩主堀田正睦が病のときはしばしば佐倉に戻って侍医の用を勤めた。松本良順(順)は次男,外務大臣を務めた林董は5男である。<著作>『痘科集成』『接骨備要』『模私篤牛痘篇』<参考文献>『順天堂史』上,松本良順『紅園佐藤泰然先生小伝』

(酒井シヅ)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さとうたいぜん【佐藤泰然】

1804‐72(文化1‐明治5)
江戸時代末期の医師・外科医,佐倉順天堂の創始者。武蔵国川崎在に生まれる。はじめ田辺庄右衛門と称したが,蘭方医足立長雋(ちようしゆん)の門に入り,さらに長崎に遊学するに際し和田泰然と名を改め,蘭館長J.E.ニーマンに教えを受ける。1838年(天保9)江戸に帰り日本橋薬研堀に医業を開く。43年下総国佐倉に移り,姓を佐藤と改めて,〈順天堂〉を創始し,西洋医学による医学教育と医療を行った。順天堂は日本最初の私立病院として知られ,また彼は外科に優れ,紀伊の華岡,佐倉の佐藤と並び称され,外科の二大家とされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さとうたいぜん【佐藤泰然】

1804~1872) 江戸末期の蘭方医。武蔵むさし国生まれ。本姓、田辺。別号、紅園。外科手術にすぐれていた。堀田氏に招かれ下総しもうさの佐倉に順天堂を設けて、後進を育成。著「眼科発蘊」「接骨備要」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤泰然
さとうたいぜん
(1804―1872)

幕末の蘭方医(らんぽうい)。出羽(でわ)国(山形県)出身の旗本、佐藤藤佐(とうすけ)(1775―1848)の子として稲毛(いなげ)(川崎市)で生まれ、江戸で育った。幼名は田辺昇太郎、長じて和田泰然と称し、紅園と号す。27歳のとき、蘭方医を志して足立長雋(ちょうしゅん)の門に入り、1835年(天保6)から3年間長崎に遊学し、オランダ館長ニーマンJohannes Erdewin Niemann(1796―1850)や通詞出身の医師大石良逸、楢林栄建(ならばやしえいけん)に学ぶ。江戸に帰って医師を開業し、門弟を集めて和田塾と称した。1843年、老中堀田正睦(ほったまさよし)の領国の佐倉(千葉県佐倉市)に移り、名を佐藤泰然と改め、順天堂をおこし、多数の門弟を養成した。鼠径(そけい)ヘルニア手術、乳癌(にゅうがん)切除術、そして日本で最初の卵巣嚢腫(のうしゅ)摘出などの手術を無麻酔下に行うなど、実地外科に腕を振るったほか、オランダ医書を翻訳し、『接骨備要』『謨私篤(モスト)牛痘篇(へん)』『痘科集成』を著したが、出版はされなかった。佐倉順天堂はのちに順天堂医院、順天堂大学へと発展した。[澤野啓一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐藤泰然の言及

【手術】より

…華岡流外科は中国式とオランダ式の折衷であったが,西洋外科学の直接の導入は,大槻玄沢によるハイスターL.Heisterの外科書の翻訳やP.F.vonシーボルトの外科書の日本語への翻訳による。当時の外科医としては青洲の門弟の本間棗軒(そうけん)や,順天堂をおこした佐藤泰然らが知られる。1853年(嘉永6)のペリーの黒船到来前後から幕府は西洋の軍事技術とともに西洋医学をも導入すべく努めるようになり,57年(安政4)にはオランダ海軍軍医のポンペを海軍伝習所医官として長崎に招いて西洋医学の講義を行わしめた。…

【順天堂】より

佐藤泰然が開いた病院と医学塾。江戸両国薬研堀で西洋外科の医学塾を開いていた佐藤(和田)泰然が,1843年(天保14)8月に下総佐倉(現,千葉県佐倉市)に移住し,佐倉藩の客分として佐倉本町に私立病院と学塾を設け順天堂と称した。…

【松本良順】より

…江戸で生まれる。蘭方医佐藤泰然の次男で,幕府の奥医師松本良甫の養子となる。号は蘭疇(らんじゆ)。…

※「佐藤泰然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐藤泰然の関連キーワード佐藤尚中(さとうしょうちゅう)佐倉順天堂記念館佐藤藤佐(1)佐倉(市)佐々木東洋オランダ語須田泰嶺三宅艮斎林 董堤玄徳後進別号本姓

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android