コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐那河内[村] さなごうち

1件 の用語解説(佐那河内[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さなごうち【佐那河内[村]】

徳島県東部,名東(みようどう)郡の村。人口3245(1995)。徳島市に隣接する。園瀬川上流域を占め,村域の多くは山林である。園瀬川とその支流沿いに小盆地や河岸段丘が形成され,かつて藩主への献上米となった良質米を産する。気候は温暖で,山地斜面にはミカン畑がひろがる。ミカンは明治初期,杖立山をへだてて南接する勝浦町坂本から上嵯峨に苗木を移植したのがはじまりだが,近年はミカン中心の農業から兼業化への動きが活発となり,ハウス加温によるスダチ,超早生ミカンの栽培などが増加し,イチゴ,花卉などをもとり入れた複合的経営に変わりつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐那河内[村]の関連キーワード前田暢堂津田銅山川阿南小松島要道名東磯部為吉井上肇堂呉榕堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone