佐野文子(読み)さの ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野文子 さの-ふみこ

1893-1978 明治-昭和時代の社会事業家。
明治26年12月生まれ。43年日本キリスト教婦人矯風会旭川支部長となり,廃娼運動につくす。司法保護委員,東条英機の私設秘書などをつとめ,戦後は保護司,家事調停委員。昭和53年9月16日死去。84歳。島根県出身。島根県立高女卒。
【格言など】人その友のために命を捨てる,これより大いなる愛はなし(信条)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android