コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体節遺伝子 たいせついでんしsegmentation gene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体節遺伝子
たいせついでんし
segmentation gene

ショウジョウバエで見つかった,体節構造を決めるホメオティック遺伝子群は,ここ十数年の発生学分野の研究では最大のトピックスといわれる。それは,単にハエの体節を形づくるというにとどまらず,ほとんどすべての多細胞生物の形態形成に,大きな役割を果たしていることが明らかになってきたからである。体節とは,もともとミミズなどに見られるように体の前後軸に沿ってできる周期的な構造単位だが,発生の初期では多くの動物でも中胚葉などに分節構造が見られる。したがって,これらの遺伝子は発生の初期に働き,動物体の前後の体制や構造を決定するかなめとなっているようだ。現在では,ホメオティック遺伝子群をさらにその上位で制御する遺伝子として,体節遺伝子の一群が報告されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

体節遺伝子の関連キーワードショウジョウバエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android