コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体質性高体温 たいしつせいこうたいおん

1件 の用語解説(体質性高体温の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たいしつせいこうたいおん【体質性高体温】

 37~38℃の熱が出ますが、いろいろ診察・検査をしても原因となる病気は見あたりません。
 このようなことをくり返す場合に、体質性高体温という診断名が用いられることがあります。
 本態性高体温(ほんたいせいこうたいおん)、常習性高体温(じょうしゅうせいこうたいおん)、神経性高体温(しんけいせいこうたいおん)という病名になることもあります。
 子どもからお年寄りまで、どの年代にもみられますが、どちらかといえば若い女性に多いようです。
 症状 発熱とともに全身のだるさ、食欲不振、不眠、頭痛などの自律神経系(じりつしんけいけい)の症状をともなうこともあります。
 このことから、自律神経不安定さが原因ではないかといわれていますが、確かな原因はまだわかっていません。
 対策 ふだんと同じように生活してかまいません。
 解熱薬を服用する必要もありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

体質性高体温の関連キーワードバイロイト色色し色品いろと色んな諸道諸役色色威蝋色パイロイド岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone