何でも彼でも(読み)なんでもかでも

精選版 日本国語大辞典の解説

なんでも【何でも】=彼(か)でも[=かんでも]

① どんなものでも、すべて。
洒落本・通人の寐言(1782)上「芸者でも女郎でも、なんでもかでも十九文横町に、かしやかりのしまふたや、引うつるとまもなく銭金はできず」
② 事態や他人の意見にかかわらず、自分の意志・判断を通そうとする気持を表わす。どんなことがあっても。是が非でも。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「なんでもかでも、跡とりはおらが愚太さんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android