何れ菖蒲(読み)いずれあやめ

精選版 日本国語大辞典の解説

いずれ【何れ】 菖蒲(あやめ)

(源頼政がぬえ退治で菖蒲(あやめのまえ)という美女を賜わるに当たって、同じような美女一二人の中から菖蒲前を選ぶよう命じられた時よんだ和歌「五月雨に沢辺の真薦水越て何れ菖蒲(アヤメ)と引ぞ煩ふ〔太平記‐二一〕」によるという) どれもすぐれていて選択に迷うことにいう。
雑俳・削かけ(1713)「見くらべる・いづれあやめと引ぞわづらふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android