コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何焯 かしゃく Hé Zhuō

1件 の用語解説(何焯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かしゃく【何焯 Hé Zhuō】

1661‐1722
中国,清代前期の学者。字は屺瞻(きせん),号は義門。江蘇省長州の人。宋の王応麟,清初の馮班(ふうはん)の実事求是の方法を受け継いだ文献学によって,翰林院編修として経書,正史の校刊に従事し,桐城派の方苞(ほうほう)と対抗しながら,のちの考証学全盛への一端をになった。主著《義門読書記》は,経書,正史のみならず,《文選》,陶潜,杜甫,韓愈,柳宗元,李商隠,欧陽修,曾鞏(そうきよう)の詩文にも,字句に即した批評を加える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

何焯の関連キーワード陳元輔邱曙戒王念孫王氏学政非学者康熙帝関矢凌雲古市南軒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone