コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何焯(読み)かしゃく(英語表記)Hé Zhuō

世界大百科事典 第2版の解説

かしゃく【何焯 Hé Zhuō】

1661‐1722
中国,清代前期の学者。字は屺瞻(きせん),号は義門。江蘇省長州の人。宋の王応麟,清初の馮班(ふうはん)の実事求是の方法を受け継いだ文献学によって,翰林院編修として経書正史の校刊に従事し,桐城派の方苞(ほうほう)と対抗しながら,のちの考証学全盛への一端をになった。主著《義門読書記》は,経書,正史のみならず,《文選》,陶潜,杜甫,韓愈柳宗元李商隠欧陽修,曾鞏(そうきよう)の詩文にも,字句に即した批評を加える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android