コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何秋濤 かしゅうとうHe Qiu-tao; Ho Ch`iu-t`ao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何秋濤
かしゅうとう
He Qiu-tao; Ho Ch`iu-t`ao

[生]道光4(1824)
[没]同治1(1862)
中国,清代の学者,詩人。福建省光沢県の人。字は願船。道光 24 (1844) 年の進士。刑部主事となり,意を経世に用い,ロシアと国境を接した北辺の形勢についての専門的知識の必要を痛感し,『北徼彙編 (ほくきょういへん) 』 (6巻) を著わし,のち増訂して漢から清の道光年間 (21~50) までの概要を述べて 80巻とした。これを閲覧した咸豊帝から『朔方備乗』の題名を賜わり,また員外郎に抜擢されたが,服喪のため辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

何秋濤の関連キーワード蒙古游牧記形勢進士経世北辺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android