咸豊帝(読み)かんぽうてい(英語表記)Xian-feng-di; Hsien-fêng-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咸豊帝
かんぽうてい
Xian-feng-di; Hsien-fêng-ti

[生]道光11(1831).北京円明園
[没]咸豊11(1861).熱河
中国,清朝の第9代皇帝 (在位 1850~61) 。名は奕ちょ (えきちょ) 。廟号は文宗。道光帝の第4子。生母は全貴妃ニオフル氏。道光 30 (50) 年道光帝の死により即位し,翌年から年号を咸豊と改めた。即位の年,太平天国の乱が起り,咸豊3 (53) 年には南京を攻略され,反乱は拡大してほぼ中国全土に及び,在世中に平定できなかった。同6年アロー戦争が起り,同8年天津条約を結んだが,再び戦いが始り,同 10年英仏連合軍は円明園を焼払い,北京に迫ったので,北京条約を結んで講和した。それに先立ち,連合軍の進撃をみて帝は熱河の離宮に避難し,同地で病死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぽうてい【咸豊帝】

1831~1861) 中国、清の第九代皇帝(在位1850~1861)。太平天国の乱、アロー戦争に苦しみ、1860年の英仏連合軍の北京占領により北京条約調印を余儀なくされ、逃亡先の熱河で病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咸豊帝
かんぽうてい
(1831―1861)

中国、(しん)朝第9代の皇帝(在位1850~61)。名は奕(えきちょ)。諡(おくりな)は顕皇帝。廟号(びょうごう)は文宗。年号によって咸豊とよばれる。道光帝の第4子。生母は鈕(ニオフル)氏(戸部尚書(こぶしょうしょ)の布彦達賚(ブヤンダライ)の娘)で、咸豊帝が即位すると成皇后に追封された。即位したその年、洪秀全(こうしゅうぜん)が広西で挙兵して翌1851年に太平天国の建国を宣言、続いて捻(ねん)党が反乱して太平天国に呼応、ロシアの南進に伴うイリの通商条約の締結と、中国は内外ともに多事多難な時期であった。
 太平天国軍は1853年に南京(ナンキン)を天京として勢力を拡大したが、満州人官僚は政治的、軍事的に無力さを露呈し、反満活動を鎮圧するために漢人官僚の曽国藩(そうこくはん)、左宗棠(さそうとう)、李鴻章(りこうしょう)などを起用し、彼らの編成した湘軍(しょうぐん)、楚軍(そぐん)、淮軍(わいぐん)などが使用された。しかし、この時代には鎮圧できなかった。56年のアロー戦争を契機に、イギリス、フランスはふたたび武力進出を開始し、その結果、天津(てんしん)条約、北京(ペキン)条約を締結したが、条約批准問題からイギリス・フランス連合軍は天津を占領、北京郊外の円明園離宮を略奪、北京を占領するに至った。帝は熱河(ねっか)に逃れ、北京の政治は弟の恭親王奕(きょうしんおうえききん)にゆだねられ、彼の手で条約の批准が行われた。また、この混乱に乗じてロシアは、58年に締結したアイグン条約で共有地と定められた沿海州(現沿海地方)を獲得した。帝の熱河での病没に伴い、幼少の同治帝の生母西太后(せいたいこう)が権力を掌握した。[細谷良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android