余意(読み)よい

精選版 日本国語大辞典「余意」の解説

よ‐い【余意】

〘名〙 言外に含む意味。
※大学垂加先生講義(1679)「圏外の注には、経文意を云へることあり」 〔苕渓漁隠叢話‐前集一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「余意」の解説

よ‐い【余意】

言外に含む意味。余情
「再復歌より続けて、―を謂いたる文あり」〈榊原芳野編・文芸類纂〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android