コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

よ【余】

そのほか。それ以外。「の儀」「は知らず当面のことを考えよう」
あまって残ったもの。残り。あまり。残余。「は追って通知する」
(「…の余」の形で)多く数量を表す語に付いて、その数量をわずかに上まわる意を表す。「五年のを経て完成する」
数を表す語に付いて、その数より少し多い意を表す。おおよその数を示してその端数を漠然という場合に用いる。…あまり。「二十年の労苦

よ【余/予】

[代]一人称の人代名詞。わたくし。われ。現代では改まった文章や演説などで用いる。
「―が執らんとする倫理学説の立脚地を」〈西田・善の研究〉

よ【余〔餘〕】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]あまる あます われ
学習漢字]5年
必要な分をこえて残る。引き続いてあとに残る。あまり。「余韻余剰余震余地余熱余白余分余命余裕余力刑余月余残余剰余酔余年余有余
当面のものから外れた部分。それ以外。ほか。「余技余興余罪余事余人余談自余
われ。自分。「余輩
[補説]本来12は「餘」、3は「余」で別字。
[難読]余波(なごり)余所(よそ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まり【余】

( 接尾 )
〔「あまり」の「あ」の脱落した形〕
数量を表す語に付いて、それよりいくらか多い意を表す。 「ななつぎの御代にまわへる百ももち-十の翁の舞ひ奉る/続後紀 承和一二

よ【余】

それ以上であること。(「…の余」の形で多く用いる) 「二年の-闘病生活を続ける」 「百人の-の参加者」
それ以外であること。それ以外のもの。 「 -の件については知らない」 → 余の儀
あまったもの。あまり。余分。
数量を表す語に付いて、その数より少し多い意を表す。おおよその数をあげて端数を漠然という場合に用いる。あまり。有余。 「十-年の歳月」 「三〇人-の人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

余の関連キーワードクラマースの法則(=クラマースの公式)アフタースリップ亀山藩(丹波国)文化3年の大火コタンジェント中性子過剰数ユユィンシー余因数行列ひまの内子コセカント余水吐き人代名詞諏訪いそ天頂距離読書三余殿村茂竪山口余延農間渡世余効滑り縄文杉

余の関連情報