コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ヨ

5件 の用語解説(余の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よ【余】

そのほか。それ以外。「の儀」「は知らず当面のことを考えよう」
あまって残ったもの。残り。あまり。残余。「は追って通知する」
(「…の余」の形で)多く数量を表す語に付いて、その数量をわずかに上まわる意を表す。「五年のを経て完成する」
数を表す語に付いて、その数より少し多い意を表す。おおよその数を示してその端数を漠然という場合に用いる。…あまり。「二十年の労苦」

よ【余/予】

[代]一人称の人代名詞。わたくし。われ。現代では改まった文章や演説などで用いる。
「―が執らんとする倫理学説の立脚地を」〈西田善の研究

よ【余〔餘〕】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]あまる あます われ
学習漢字]5年
必要な分をこえて残る。引き続いてあとに残る。あまり。「余韻余剰余震余地余熱余白余分余命余裕余力刑余月余残余剰余酔余年余有余
当面のものから外れた部分。それ以外。ほか。「余技余興余罪余事余人余談自余
われ。自分。「余輩
[補説]本来12は「餘」、3は「余」で別字。
[難読]余波(なごり)余所(よそ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まり【余】

( 接尾 )
〔「あまり」の「あ」の脱落した形〕
数量を表す語に付いて、それよりいくらか多い意を表す。 「ななつぎの御代にまわへる百ももち-十の翁の舞ひ奉る/続後紀 承和一二

よ【余】

それ以上であること。(「…の余」の形で多く用いる) 「二年の-闘病生活を続ける」 「百人の-の参加者」
それ以外であること。それ以外のもの。 「 -の件については知らない」 → 余の儀
あまったもの。あまり。余分。
数量を表す語に付いて、その数より少し多い意を表す。おおよその数をあげて端数を漠然という場合に用いる。あまり。有余。 「十-年の歳月」 「三〇人-の人」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

余の関連キーワードアマアマルガム法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

余の関連情報