コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生身 ショウジン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じん〔シヤウ‐〕【生身】

仏語。
仏・菩薩(ぼさつ)が、衆生済度(しゅじょうさいど)のため、父母の体内に宿ってこの世に生まれ出ること。また、その身。仏の化身。
父母よりまれた体。生まれながらの身体。

なま‐み【生身】

現に生きているからだ。血も通い感情もはたらいている身。いきみ。「生身の人間」
なまのままの魚肉。
調理用語。すりつぶした魚肉のこと。しんじょはんぺん伊達巻(だてま)きなどの種にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじん【生身】

〘仏〙
父母によって生まれた人間の姿。凡夫の肉体。
仏・菩薩が人間の姿をとって現れたもの。

なまみ【生身】

現に生きているからだ。神経も感情もはたらいている身。いき身。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生身の関連キーワードオリヴァー ヒルシュビーゲルドリアン・グレイの肖像マルレーネ デュマスピュグマリオン當麻曼荼羅縁起当麻曼荼羅縁起地蔵縁起絵巻矢田地蔵縁起バイアグラ桑実寺縁起インド美術當麻曼荼羅アキレウス本地垂迹黒人演劇けんか祭人間関係作中人物衆生済度生生しい

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生身の関連情報