生身(読み)なまみ

精選版 日本国語大辞典「生身」の解説

なま‐み【生身】

〘名〙
① 現に生きている身。血も感情も通っている身。いきみ。
※読本・夢想兵衛胡蝶物語(1810)前「生身(ナマミ)へ何の容赦なく五寸釘をうちこまれ」
② なまのままの魚などの肉。さしみ。
※宝の山(1891)〈川上眉山〉二「彼の鰯を拾取りて、膓を去り潮に揉み、生身(ナマミ)ながら仕てやって」

しょう‐じん シャウ‥【生身】

〘名〙 仏語父母によって生まれた肉身。また、その身を具えた仏、すなわち、現世釈迦。さらに広く、仏菩薩が衆生済度のため、この世に化現する化身をもいう。
※今昔(1120頃か)一二「昔の霊山(りゃうぜん)の生身の釈迦と相好(さうがう)一も不替給ず」

いき‐み【生身】

〘名〙
① 生きているからだ。なまみ。⇔死身
※平家(13C前)三「姫が事こそ、心苦しけれ共、それもいき身なれば、歎きながらもすごさむずらん」
能楽で、面をつけて少し前にうつむいた姿勢。面が生き生きと感じられる姿勢。〔わらんべ(1660)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生身」の解説

なま‐み【生身】

現に生きているからだ。血も通い感情もはたらいている身。いきみ。「生身の人間」
なまのままの魚肉。
調理用語。すりつぶした魚肉のこと。しんじょはんぺん伊達巻だてまなどの種にする。
[類語](1生体生き身体質的生理的肉体的ボディー身体肉体体躯体質体力フィジカルからだ

しょう‐じん〔シヤウ‐〕【生身】

仏語。
仏・菩薩ぼさつが、衆生済度しゅじょうさいどのため、父母の体内に宿ってこの世に生まれ出ること。また、その身。仏の化身。
父母より生まれた身体。生まれながらの身体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android