作大将(読み)サクダイショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さく‐だいしょう ‥ダイシャウ【作大将】

〘名〙
農家の作男の中で、頭になる者。さくだい。
雑俳柳多留‐八(1773)「麦ばたけ作大将が見あらわし」
② 稗蒔(ひえまき)という盆栽の一種で、鉢に綿などを引き、水にひたした所へ稗をまいて芽を出させ、青田のように作ったものにあしらう、百姓姿の人形。笠をかぶりなどして田の横に立っているので、作男の頭に見立てていう。
※雑俳・柳多留‐一九(1784)「作大将ぐるみ三文でかい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android