コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作男 サクオトコ

4件 の用語解説(作男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さく‐おとこ〔‐をとこ〕【作男】

雇われて耕作する男。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さくおとこ【作男】

田畑の耕作に従事する雇人のこと。この語は文芸作品などにしばしば登場するが,各地の農村における実際の使用例はあまり知られておらず,意味は必ずしも明確ではない。農業労働に従事する雇人を大別すると,主家に住み込む奉公人と自分の家から通う日雇になるが,作男はばくぜんと両者を含む言葉とするのが通例である。ただ地方によっては,特定の家に出入りしてその家の農作業や雑事に従事し,なにかにつけてその家から物質的給付をうけるような,主従関係的な人物を作男という所もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さくおとこ【作男】

雇われて耕作に従事する男。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作男
さくおとこ

農家の住み込み奉公人。雇人、下男(げなん)、下人(げにん)ともいうが、通称はワカイシュ、ワカゼ、オトコシュ、ニセなど一般男子の呼び名と同じであり、ゲナイ、ケライ、ウチノモノ、オクノモノなどの古い呼び名は「家の者」の意味で、「家」に取り込まれた農耕の「働き手」を意味した。近世初期には譜代(ふだい)の「下人(けにん)」、人質奉公(借金返済まで働く)、年季身売り奉公(年季を限っての無償奉公)など古い形の作男もあったが、しだいに消失し、やがて質奉公も「居消(いげし)」(労賃で借銭を年季消却する)の形に移行して、労賃契約の年季奉公、年切り奉公の雇人が主体となっていく。そこでも「労賃前借」の形は久しく残り、「身売り奉公」に等しいものも多く残存した。しかし近世中期以後は1年契約の「年切り奉公」の作男がしだいに一般化し、「出替日」(交替期)も地方ごとに設けられて、いちおうは労賃を米銭で定め、年々更新する形になった。近代産業発達前は上層農への「作男奉公」が貧農子弟の重要な「働き口」で、永年勤続して主家から家屋敷や若干の農地・小作地を与えられて「分家独立」する者も多かった。いわゆるカマドベッケ、ダイドコロベッケ、カドベッケの類である。永年勤続の雇人を「家」の一員として受け入れ、その自立にも努めたのは、農業賃労働の原初形態の作男にも、なお家族的意識が深くまとわりついていたことを示しており、そうした名残(なごり)は明治期以後も広くみられた。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

作男の関連キーワード川欠引休耕耕作耕馬目耕事力総作田疇ドイテロゲナス定年帰農

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

作男の関連情報