コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作男 サクオトコ

デジタル大辞泉の解説

さく‐おとこ〔‐をとこ〕【作男】

雇われて耕作する

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくおとこ【作男】

田畑の耕作に従事する雇人のこと。この語は文芸作品などにしばしば登場するが,各地の農村における実際の使用例はあまり知られておらず,意味は必ずしも明確ではない。農業労働に従事する雇人を大別すると,主家に住み込む奉公人と自分の家から通う日雇になるが,作男はばくぜんと両者を含む言葉とするのが通例である。ただ地方によっては,特定の家に出入りしてその家の農作業や雑事に従事し,なにかにつけてその家から物質的給付をうけるような,主従関係的な人物を作男という所もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さくおとこ【作男】

雇われて耕作に従事する男。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

作男
さくおとこ

農家の住み込み奉公人。雇人、下男(げなん)、下人(げにん)ともいうが、通称はワカイシュ、ワカゼ、オトコシュ、ニセなど一般男子の呼び名と同じであり、ゲナイ、ケライ、ウチノモノ、オクノモノなどの古い呼び名は「家の者」の意味で、「家」に取り込まれた農耕の「働き手」を意味した。近世初期には譜代(ふだい)の「下人(けにん)」、人質奉公(借金返済まで働く)、年季身売り奉公(年季を限っての無償奉公)など古い形の作男もあったが、しだいに消失し、やがて質奉公も「居消(いげし)」(労賃で借銭を年季消却する)の形に移行して、労賃契約の年季奉公、年切り奉公の雇人が主体となっていく。そこでも「労賃前借」の形は久しく残り、「身売り奉公」に等しいものも多く残存した。しかし近世中期以後は1年契約の「年切り奉公」の作男がしだいに一般化し、「出替日」(交替期)も地方ごとに設けられて、いちおうは労賃を米銭で定め、年々更新する形になった。近代産業発達前は上層農への「作男奉公」が貧農子弟の重要な「働き口」で、永年勤続して主家から家屋敷や若干の農地・小作地を与えられて「分家独立」する者も多かった。いわゆるカマドベッケ、ダイドコロベッケ、カドベッケの類である。永年勤続の雇人を「家」の一員として受け入れ、その自立にも努めたのは、農業賃労働の原初形態の作男にも、なお家族的意識が深くまとわりついていたことを示しており、そうした名残(なごり)は明治期以後も広くみられた。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

作男の関連キーワードイアン マッケラン河童(妖怪)マクドナルド石川まさる農業労働者鴻鵠の志さなぶりいろりライト作大将年男門屋雇農

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作男の関連情報