作間・作合(読み)さくあい

精選版 日本国語大辞典「作間・作合」の解説

さく‐あい ‥あひ【作間・作合】

〘名〙
領主への年貢米を納めた残余の得米。作得。作得米。飯米(はんまい)
都鄙問答(1739)二「農人に作間(サクアヒ)を下さるることは、も士の祿に同じ」
② 小作料。小作米。加地子米。つくりあい。
※木下勝俊掟書‐文祿四年(1595)三月「一おとな百姓として下にて耕作申付、作合とるまじき事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android