佞臣(読み)ねいしん

精選版 日本国語大辞典「佞臣」の解説

ねい‐しん【佞臣】

〘名〙 (「ねいじん」とも) 主君口先うまくこびへつらう臣下。悪がしこく、心の不正な臣下。
※保元(1220頃か)下「賢者は山林にかくれ、臣は左右にあり」
※太平記(14C後)四「佞臣(ネイしん)は阿て諫せず」 〔白居易‐和陽城駅詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「佞臣」の解説

ねい‐しん【×佞臣】

口先巧みに主君にへつらう、心のよこしまな臣下。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android