(読み)ネイ

  • ねい・す
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 人にへつらい、その機嫌をとること。おもねること。また、そのさまや、その人。
※太平記(14C後)三〇「帝則ち諫に順て政を正し民を撫で賢を招き佞(ネイ)を退け給しかは」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「心にねいなる事も無し」
〘自サ変〙 こびへつらう。おもねる。
※名語記(1275)四「物をねいすといひ、ねいねいなどいへるねいの心、如何。答、ねいは倭也。佞〈同き歟〉、おもねるかたむのよみあり」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「世人簡易を悦べば簡易を装ふて世に佞する者あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佞の関連情報