(読み)ねいす

精選版 日本国語大辞典「佞」の解説

ねい‐・す【佞】

〘自サ変〙 こびへつらう。おもねる。
※名語記(1275)四「物をねいすといひ、ねいねいなどいへるねいの心、如何。答、ねいは倭也。佞〈同き歟〉、おもねるかたむのよみあり」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「世人簡易を悦べば簡易を装ふて世に佞する者あり」

ねい【佞】

〘名〙 (形動) 人にへつらい、その機嫌をとること。おもねること。また、そのさまや、その人。
※太平記(14C後)三〇「帝則ち諫に順て政を正し民を撫で賢を招き佞(ネイ)を退け給しかは」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「心にねいなる事も無し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android