コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佩剣 ハイケン

2件 の用語解説(佩剣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はい‐けん【×佩剣】

[名](スル)刀剣を腰につけること。また、その刀剣。帯剣。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佩剣の言及

【刀剣】より

…文献に頻出する名剣,宝剣をうらづける精巧なできばえを示すこれらは,武器としての実用性よりも,生前における墓主の政治的身分の威厳を表徴し,死にともない副葬されたものである。 佩剣の風が東周時代に盛行したときは,貴族階級に限定されたものであった。秦の簡公6年(前409)に〈吏をして初めて剣を帯びしむ〉とあるように,官吏の身分象徴として佩剣の風がやがて広まり,前漢には〈皇帝より百官に至るまで,剣を佩びざるなし〉といわれた。…

※「佩剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone