コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佩刀 ハイトウ

デジタル大辞泉の解説

はい‐とう〔‐タウ〕【×佩刀】

[名](スル)刀を腰におびること。また、その刀。帯刀。「佩刀した武士

はかし【佩刀】

《「は()かす」の連用形から》貴人の帯びている太刀をいう語。みはかし

はかせ【佩刀】

はかし」の音変化。〈文明本節用集〉→みはかし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいとう【佩刀】

( 名 ) スル
刀を腰におびること。また、その刀。帯刀。

はかし【佩刀】

〔動詞「佩く」に尊敬の助動詞「す」の付いた語の連用形から〕
貴人が帯びる刀。御太刀。はかせ。 → みはかし

はかせ【佩刀】

「はかし(佩刀)」の転。 → みはかせ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の佩刀の言及

【刀剣】より

…秦の簡公6年(前409)に〈吏をして初めて剣を帯びしむ〉とあるように,官吏の身分象徴として佩剣の風がやがて広まり,前漢には〈皇帝より百官に至るまで,剣を佩びざるなし〉といわれた。しかし武器としての鉄刀が銅剣や鉄剣にとってかわるにともなって,佩剣も佩刀へと変化をみせる。後漢王朝はその儀礼制度のなかに百官の身分等級を示す佩刀の規則をことこまかに規定したが,南北朝から隋・唐においても,その傾向は変わることなく官品の差を表徴する機能をもった。…

※「佩刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佩刀の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨佩・俳・廃・廢・憊・拜・拝・排・敗・杯・沛・牌・癈・盃・稗・肺・背・胚・輩・配山田朝右衛門藤原不比等太田黒伴雄粟田口国綱水戸東照宮長谷川英信一平安代隠岐神社稲村ヶ崎楠公景光休らう御佩刀日本刀献物帳白拍子腰の物服装重包

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android