コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使職 ししょくshì zhí

世界大百科事典 第2版の解説

ししょく【使職 shì zhí】

中国,唐・宋時代を中心に重要な役割をになった官職の総称。皇帝の特使として臨時に派遣される者の肩書に〈某々使者〉とつけることは漢代に始まる。7世紀,唐の玄宗時代になると,節度使,租庸使,塩鉄使など軍事・財政の特別任務を帯びた使職がつぎつぎと置かれた。さらに中央政府の形骸化と反比例して,皇帝が直属の宦官に使名を与えて各種の任務につかせることが一般化する。これら使職は三省六部体系のいわば令外(りようげ)の官として,唐中期から五代にかけて活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の使職の言及

【唐】より

… 府兵制が崩壊して募兵による新兵制が始まり,塩の専売法が新設され,租庸調が廃されて両税法が成立したのに対応して,官僚機構のなかにも令の規定にない特別の官職が新たに登場し,律令官制を有名無実化していった。〈令外(りようげ)の官〉ともいうべき新たな官職は使職とよばれることが多く,とくに宦官の任じられた内枢密使,監軍使などのほか,財務関係の度支使(たくしし),塩鉄使や,節度使,観察使といった藩鎮も使職なのであり,唐後半期の社会はまさに使職の世界ともいうべき様相を呈した。
【文化】
 唐の文化の特色をひと口で表現すれば国際色ゆたかな文化ということになろう。…

【藩鎮】より

…中国,唐・五代の軍閥。中期の律令支配崩壊の過程で,多様化する社会に対処するため,唐朝は各種の〈使職〉(いわゆる〈令外の官〉)と総称されるポストを続々と新設した。その代表が節度使である。…

※「使職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone