コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肩書(き) カタガキ

デジタル大辞泉の解説

かた‐がき【肩書(き)】

[名](スル)
名刺や印刷物などで、氏名の上部や右肩に官位・職名などを添えて書くこと。また、その官位・職名など。
「番地官名など細かに―して」〈蘆花不如帰
その人を特徴づける社会的な地位・称号など。「肩書きがものをいう」
前科。悪名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

肩書(き)の関連キーワードナワフ・アル・アハマド・アル・ジャビル・アル・サバハミティタイアギメネ・ヤング ビビアンラビンドラ・チャンドラ バルガバウィンフリート クレッチュマンジャン・ミシェル シニョールトケ・トゥフキア タランギアントニ マルティ・プティアナトリー セルジュコフユルゲン フィッチェンフアード ムバッザアサムドン・リンポチェ藤舎 芦船(3代目)デービッド ファイロ藤舎 芦船(2代目)アピサイ イエレミアアマンド テタンコワンダ フェラガモマハマドゥ イスフベジ カイドセブシシェイク サルマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android