肩書(読み)かたがき

精選版 日本国語大辞典「肩書」の解説

かた‐がき【肩書】

〘名〙
① (━する) 姓名の脇などに、職名、官位、居所などを書き添えること。また、その書き添えたもの。商店名や商品名の脇に、その特長を示す文句などを書き添えたものをもいう。
※評判記・野郎立役舞台大鏡(1687)凡例「目録の片書(カタガキ)に座本をしるす」
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉八「此店の繁昌はすてきな物にて、浜の『屑仕立』と片書(カタガキ)だにすれば、郵便万国より届くとは恐ろし」
② (姓名などの脇に添えることから) 社会的な地位や身分を示す、爵位、勲等、学位、役職名など。
※禁令考‐後集・第一・巻二(18C)「囚人名前歳肩書等、入牢証文に引合相改請取」
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉須永の話「法学士の肩書(カタガキ)を利用して」
③ 前科や悪名。また、通り名。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)序幕「悪い事は覚へ安く、僅か一年立ねへ内に、片書の附(つく)(からだ)になった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「肩書」の解説

かた‐がき【肩書(き)】

[名](スル)
名刺や印刷物などで、氏名の上部や右肩に官位・職名などを添えて書くこと。また、その官位・職名など。
「番地官名など細かに―して」〈蘆花不如帰
その人を特徴づける社会的な地位・称号など。「肩書きがものをいう」
前科。悪名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android