コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

使途選択税制 しとせんたくぜいせい

1件 の用語解説(使途選択税制の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

使途選択税制

自分の納める税金の一部がどのように使われるかを納税者自身が選択できる制度。ハンガリーで、税金の1%をどのようにNPONGOに配分できるかを納税者が決定できる「パーセント法」が施行されたことが始まりである。アメリカでは「タックス・チェックオフ」と呼ばれ、州レベルでのNPO、NGO支援に州民の意見が反映される制度や、連邦レベルでは大統領選挙準備資金を払うかどうか選択する制度として存在する。だが日本では、千葉県の市川市など、ごく少数の地方自治体が条例で試験的に実施するにとどまっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

使途選択税制の関連キーワードDTD還付加算金毛玉血税税金湯水のように使う我じフェノリス所得課税占有者

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone