例文(読み)れいぶん

精選版 日本国語大辞典「例文」の解説

れい‐ぶん【例文】

〘名〙
事柄を説明する典拠として挙げる文章。証として示す文章。
※幸若・烏帽子折(室町末‐近世初)「天下は目出度かるべきよしを例文を引いて申す」
② 言いまわしなどの見本を示すために書かれた文。書式を示すために書かれた文。
セルロイド(1959)〈三浦朱門〉八「そして今更ジャンは手に一冊の本を持っています。という例文をやる気はなくなっていた」
③ きまりきった文章。型にはまった文。契約書の条項などとして書く文章をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「例文」の解説

れい‐ぶん【例文】

事柄を説明する典拠として掲げる文章。用例文。
書式を示すために例としてあげる文・文章。
契約書などに決まり文句として印刷してある文。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例