コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侍所沙汰篇 さむらいどころさたへん

世界大百科事典 第2版の解説

さむらいどころさたへん【侍所沙汰篇】

鎌倉・室町時代の法律書。編者未詳。享禄(1528‐32)末年ごろ,室町幕府の侍所関係者の編と思われる。最初に《武政軌範》のうちの一編である侍所沙汰篇を記し,その後に侍所検断関係の追加法(鎌倉幕府追加67条,室町幕府追加21条,計88条)を収める。いずれも既存のものより侍所関係の記事を抄出したもので,そのもとになったものはおおむね現存するので,それらの本を校訂する際に役だつ。《群書類従》所収。【後藤 紀彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

侍所沙汰篇
さむらいどころさたへん

16世紀前半に成立したと推定される、室町幕府侍所関係の法制資料。15世紀半ばごろの室町幕府における政務処理、とりわけ諸人の訴に対する判断(沙汰)の手続の概要を記した『武政軌範(ぶせいきはん)』から、侍所における沙汰について解説した「侍所沙汰篇」を抜き出し、これに鎌倉・室町両幕府の「追加」(単行法令類)のうちから侍所・検断(けんだん)関係のもの、鎌倉68箇条、室町21箇条、都合89箇条(重出等を除けばそれぞれ66、17、計83箇条。傍例を含む)を加えて一書としたもの。書名は首部のタイトルに由来する。編者は未詳だが、室町幕府侍所に関係した奉行人によって、執務上の参考に資するために編まれたものであろう。室町幕府政所(まんどころ)執事代を務めた蜷川(にながわ)氏に伝えられた写本を底本として、『群書類従』武家部に収録されている。[新田一郎]
『上横手雅敬著「侍所沙汰篇」(『群書解題 第3』1986・続群書類従完成会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android