コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武政軌範 ぶせいきはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武政軌範
ぶせいきはん

室町幕府の訴訟制度の解説書。1巻。松田豊前守 (貞頼?) の作という。文明3 (1471) ~延徳2 (90) 年間の成立。所領相論に関する引付内談刑事訴訟侍所沙汰,京都市中の家地相論に関する地方沙汰,文書の真偽などの相論に関する問注所沙汰,貸借相論に関する政所沙汰の諸編から成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

武政軌範の関連キーワード侍所沙汰篇越訴奉行室町幕府内談

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android