コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供米 キョウマイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐まい【供米】

農家が米を出すること。また、その米。供出米。

く‐まい【供米】

神仏に供える米。くましね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうまい【供米】

農家が生産した米を供出すること。また、その米。供出米。

くまい【供米】

神仏に供える米。くましね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の供米の言及

【神】より

…神のカミはクマからきたとする説もある。神に供える米はクマシネ(供米)と表記されるが,供米と表現される以前に,クマには隠れるという意味があった。すなわち,奥深く隠れた存在をカミとし,そこから発現してくる力を畏怖したものとみている。…

※「供米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

供米の関連キーワード響・鄕・享・京・供・侠・俠・僑・兄・兇・共・凶・匡・協・卿・叫・喬・境・夾・嬌・峡・峽・強・怯・恐・恭・拱・挟・挾・教・杏・梟・橋・況・狂・狭・狹・矜・矯・竟・競・経・胸・脅・脇・興・跫・郷・鋏・鏡・響・頬・頰・饗・香・驕・驚水口 宏三農業手形安濃津供養米御鉢料供米田饌米聖供神仏綿座