依存関係

  • いそんかんけい〔クワンケイ〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パイプラインアーキテクチャーを持つマイクロプロセッサーでは、複数命令の同時実行が可能である。しかしたとえば、前の命令の実行結果を次の命令で使うような場合、これらの命令は同時実行ができない。このように複数の命令同士が関係を持ち、一方の結果に他方が依存しているような場合、これらは「依存関係のある命令」と呼ばれる。依存関係のある命令が存在すると、パイプラインが有効に機能しなくなる。依存関係の種類には次のものがある。w-a-r(write after read)先行する命令が、あるレジスタから値を読み出す前に、後続する命令が当該レジスタに書き込もうとすること。w-a-w(write after write)先行する命令が、あるレジスタに値を書き込む前に、後続する命令が当該レジスタに書き込もうとすること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ある人・物と他の人・物とが、互いに頼り合う間柄であること。
論理学で、ある事物の存在・状態・価値などが、他の事物によって規定され、制約される関係。原因に対する結果、目的に対する手段、理由に対する帰結など。依属

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

依存関係の関連情報