コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保奉行人 ほぶぎょうにん

世界大百科事典 第2版の解説

ほぶぎょうにん【保奉行人】

鎌倉幕府の職制。1238年(暦仁1)に上洛して京都の警固体制を整備した北条泰時は,鎌倉に帰ると京都にならってという行政単位をしき,保官人(検非違使)にならって保奉行人を置いた。保奉行人は鎌倉中の地域別(保)の警備担当者であり,40年(仁治1)に鎌倉中に出された法令によれば,盗人,悪党以下の雑人の取締りや商売統制を任務の中心としている。その点で御家人を対象とする侍所とは管轄を異にし,雑人の裁判権をもつ政所の指揮下に属していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の保奉行人の言及

【鎌倉[市]】より

… いうまでもなく鎌倉は,将軍の居所,幕府の首都ともいうべき都市で,将軍の直轄支配下におかれていた。幕府は京都の制度を導入して鎌倉でも家地の単位の戸主(へぬし)(50平方丈),家の集合体としての保(大きさは不明)の制度を作り,保ごとに保奉行人をおいて管理に当たらせた。そして保奉行人を統轄し,鎌倉を支配する地奉行を任命した。…

※「保奉行人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保奉行人の関連キーワード鎌倉(市)鎌倉幕府後藤基綱地奉行

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android