コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保存ベクトル流 ほぞんベクトルりゅうconserved vector current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保存ベクトル流
ほぞんベクトルりゅう
conserved vector current

CVC と略記する。β崩壊を引起す弱い相互作用は,電磁相互作用における電流に似た性質をもつ部分を含み,これをベクトル流と呼ぶ。このベクトル流は電荷の保存則と似た保存則を満たしていることが知られていて,保存ベクトルと呼ばれる。β崩壊と μ 崩壊の強さがほぼ等しいことから見出された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保存ベクトル流の関連キーワードインドネシア諸言語オーストロアジア語族タニア ハフ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android