コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保存則(読み)ほぞんそく(英語表記)law of conservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保存則
ほぞんそく
law of conservation

物理的および化学的変化の前後で,物理量または物理量の結合の値が変らないという法則。最も基本的な保存則には,運動量保存則,角運動量保存則,エネルギー保存則,質量保存則,電荷保存則などがある。相対性理論によれば,質量とエネルギーとは等価であって,それぞれの保存則はあわせて相対論的エネルギー保存則にまとめられる。素粒子論では,これらの保存則のほかに各種の粒子数の保存則,パリティ保存則ストレンジネスの保存則などによって素粒子反応が理解される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

保存則【ほぞんそく】

閉じた系のある物理量が時間がたっても変わらない場合,その物理量は保存するといい,それを成り立たせている法則をその物理量の保存則という。物理学ではエネルギー保存の法則運動量保存の法則角運動量保存の法則などがある。
→関連項目質量保存の法則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほぞんそく【保存則】

物理系の状態が変化しても、ある物理量の値が一定に保たれるとき、その物理量に対して保存則が成りたつといい、その物理量を保存量という。保存則は系がもつ対称性に基因し、エネルギー・運動量・電荷など、多くの保存量がある。 → 対称性

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

保存則の関連情報