保安用機器(読み)ほあんようきき(英語表記)safety appliances

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保安用機器
ほあんようきき
safety appliances

事故を防ぎ,安全を確保するための用具。電気,化学,原子力,地震,火事,海,山,空,宇宙,スポーツその他広範囲にわたるが,ここでは身体に着けるものに限定する。 (1) 頭部の保護 鉱山,造船所,建設現場で使う保安帽,トラックや倉庫での荷役用,オートバイ用ヘルメットなど。 (2) 顔の保護 ガス溶接,電弧作業のとき,赤外線,紫外線から眼を守るためにかける遮光眼鏡,粉塵,切粉,チップの飛んでくるのを防ぐ防塵眼鏡,顔全体を守る溶接用保護面,騒音防止用の耳栓など。 (3) 呼吸保護 塵肺症防止用の防塵マスク,有毒ガスを防ぐ防毒マスク一酸化炭素が充満していたり,酸素が希薄なところに入るための送風マスク,酸素ボンベを背負う酸素呼吸器,空気ボンベによる空気呼吸器。 (4) 足の保護 足指をけがしないための保安靴。 (5) 保護衣 化学工場,製鉄所などの労働衛生保護服,溶接用作業衣,耐熱作業衣など。 (6) その他 高所作業用の安全ベルト,柱上安全帯,保護手袋など,多くの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android