保岡興治(読み)やすおか おきはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保岡興治 やすおか-おきはる

1939- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和14年5月11日東京生まれ。鹿児島で育つ。昭和39年司法試験合格。42年鹿児島地方裁判所裁判官として赴任したが,翌年退官,のち弁護士登録。父・保岡武久のあとをつぎ,47年衆議院議員に初当選(当選13回,自民党)。自民党副幹事長などを歴任し,平成12年第2次森内閣の法相。20年福田改造内閣で再び法相に就任。21年裁判官弾劾裁判所裁判長に選出された。同年の総選挙で落選。24年総選挙で当選し,国政に復帰。中大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保岡興治の関連情報