保科武子(読み)ほしな たけこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「保科武子」の解説

保科武子 ほしな-たけこ

1890-1977 昭和時代の女官
明治23年3月28日生まれ。能久(よしひさ)親王の3女。母は伊達宗徳(むねえ)の次女。保科正昭の妻。昭和13年から42年まで宮内庁侍従職女官長として,昭和天皇の良子(ながこ)皇后(香淳皇后)につかえる。その間皇太子妃となる正田美智子に宮中儀礼の講義もした。昭和52年3月18日死去。86歳。学習院女学部卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android