コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香淳皇后 こうじゅんこうごう

8件 の用語解説(香淳皇后の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

香淳皇后

皇太后。昭和天皇の皇后、久邇宮邦彦王の第一王女。東京生。名は良子。学習院女学部初等科を経て同中等科に進学するが、東宮妃に内定し退学、宮廷の新設の学問所で皇后としての特別教育を受ける。大正13年皇太子妃、昭和元年皇后となり、天皇と共に皇后としての在位期間は歴代最長。書道・音楽・バラ栽培等多趣味で、日本画においては桃苑という画号を持ち、画集に『桃苑画集』『錦芳集』がある。平成12年(2000)崩御、97才。

香淳皇后

昭和天皇の皇后、久邇宮邦彦王の第一王女。東京生。名は良子。学習院女学部初等科を経て同中等科に進学するが、東宮妃に内定し退学、宮廷の新設の学問所で皇后としての特別教育を受ける。大正十三年皇太子妃、昭和元年皇后となり、天皇と共に皇后としての在位期間は歴代最長。書道・音楽・バラ栽培等多趣味で、日本画においては桃苑という画号を持ち、画集に『桃苑画集』『錦芳集』がある。平成12年(2000)薨去、97才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうじゅん‐こうごう〔カウジユンクワウゴウ〕【香淳皇后】

[1903~2000]昭和天皇の皇后。東京の生まれ。名は良子(ながこ)。久邇宮邦彦(くにのみやくによし)王の第1王女。大正13年(1924)、皇太子裕仁(ひろひと)と結婚。昭和天皇即位により皇后。平成元年(1998)皇太后

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

香淳皇后【こうじゅんこうごう】

良子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香淳皇后 こうじゅんこうごう

1903-2000 昭和天皇の皇后。
明治36年3月6日生まれ。久邇宮邦彦(くにのみや-くによし)王の第1王女。大正7年皇太子妃に内定するが,元老山県有朋(やまがた-ありとも)らが「家系に色盲の遺伝がある」と反対して紛糾(宮中某重大事件)。13年結婚,15年皇后。2男5女をもうける。戦後,天皇と欧米を歴訪する。趣味は日本画で桃苑の号がある。昭和64年皇太后。平成12年6月16日死去。97歳。学習院女学部中等科中退。名は良子(ながこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こうじゅんこうごう【香淳皇后】

1903~2000) 昭和天皇の皇后。名は良子ながこ。久邇宮邦彦の第一女。1924年(大正13)皇太子(後の昭和天皇)と結婚して皇太子妃、26年天皇即位により皇后、89年天皇死去により皇太后となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香淳皇后
こうじゅんこうごう
(1903―2000)

昭和天皇の皇后。久邇宮邦彦(くにのみやくによし)親王の第一女子。母は鹿児島・島津家の出身。名は良子(ながこ)。1918年(大正7)学習院女学部中等科3年のとき、皇太子裕仁(ひろひと)の妃に内定。その後、元老山県有朋(やまがたありとも)が内定取りやめを求めた宮中某重大事件が起こる。しかし1922年9月婚約、24年1月26日結婚。26年12月裕仁の践祚(せんそ)により皇后となる。その誕生日3月6日は地久節(ちきゅうせつ)として1945年(昭和20)第二次世界大戦終戦まで祭日であった。明仁(あきひと)(1933年生まれ。現天皇)、正仁(まさひと)(1935年生まれ。常陸宮(ひたちのみや)家を創立)の2男、成子(しげこ)(1925年生まれ。東久邇宮盛厚(ひがしくにのみやもりひろ)と結婚。1961年死去)、祐子(さちこ)(1927年生まれ、翌年死去)、和子(かずこ)(1929年生まれ。鷹司平通(たかつかさとしみち)と結婚。1989年死去)、厚子(あつこ)(1931年生まれ。池田隆政と結婚)、貴子(たかこ)(1939年生まれ。島津久永(ひさなが)と結婚)の5女をもうけた。「桃苑」の雅号をもち、書道、歌道などのほか、前田青邨(せいそん)に学んだ日本画を趣味とする。1963年、還暦記念として皇居内に音楽堂(桃華楽堂)が建設された。89年(平成1)1月、皇太后となる。平成12年6月16日死去。同年7月香淳皇后と追号された。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

香淳皇后
コウジュンコウゴウ

昭和期の皇族 昭和天皇皇后。



生年
明治36(1903)年3月6日

没年
平成12(2000)年6月16日

出生地
東京

別名
御名=良子(ナガコ),雅号=桃苑

経歴
御名良子(ながこ)。久邇宮邦彦親王の第一王女。学習院女学部中等科3年のとき、裕仁皇太子妃に内定のため退学、久邇宮家に特設された御学問所で“皇后学”をご勉強。大正13年1月26日皇太子妃、同15年12月25日昭和天皇即位とともに皇后になられた。戦後は天皇とともに各種行事にご出席、昭和46年秋のご訪欧、50年秋のご訪米には天皇に同行、国際親善に大きな役割を果された。64年1月7日天皇崩御にともない皇太后になられた。ご趣味が広く、日本画の画集が2冊ある。歴代皇后の中で最長寿だった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香淳皇后の関連キーワード貞明皇后伊香色謎命石姫皇女菟道貝鮹皇女大酢別皇子春日娘子河俣毘売草香幡梭姫皇女橘皇女中蒂姫命

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香淳皇后の関連情報