コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信中以篤 しんちゅう いとく

1件 の用語解説(信中以篤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信中以篤 しんちゅう-いとく

1377-1451 室町時代の僧。
永和3=天授3年生まれ。臨済(りんざい)宗。東福寺の大蔭明樹の法をつぐ。淡路(あわじ)(兵庫県)棲賢寺,安国寺をへて,永享10年(1438)東福寺の住持となり,ついで天竜寺,南禅寺の住持となった。梵語(ぼんご),漢文に精通し,詩文にすぐれた。宝徳3年10月1日死去。75歳。淡路出身。俗姓は三善。法名は明篤(みょうとく)とも。著作に「晦夫集」「松花集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信中以篤の関連キーワードデリー・サルタナットEdward the Confessorエドワード紀行文学昭和南海地震の被害イサベルグラスゴー高麗史周期表メフメット

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone