信号灯(読み)しんごうとう

  • しんごうとう シンガウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 航空機に危険区域を示したり、航空機の交通を管制するために用いられる灯火。その目的により、赤、緑、白の三色の灯火を使い分ける。
② 船舶相互間、あるいは船舶と陸地の間で、モールス信号を発信するために用いられる灯具。
③ 鉄道線路・道路などで、信号機にとりつけられた、通行の可否をしらせる灯火。
※おみよ(1908‐09)〈水野葉舟〉前「紫、赤の信号燈(シンゴウトウ)が、処々に見える。そこここで、汽鑵車の円筒から蒸気を吐く音が聞える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信号灯の関連情報