信号灯(読み)しんごうとう

精選版 日本国語大辞典の解説

しんごう‐とう シンガウ‥【信号灯】

〘名〙
① 航空機に危険区域を示したり、航空機の交通を管制するために用いられる灯火。その目的により、赤、緑、白の三色の灯火を使い分ける。
② 船舶相互間、あるいは船舶と陸地の間で、モールス信号を発信するために用いられる灯具。
③ 鉄道線路・道路などで、信号機にとりつけられた、通行の可否をしらせる灯火。
※おみよ(1908‐09)〈水野葉舟〉前「紫、赤の信号燈(シンゴウトウ)が、処々に見える。そこここで、汽鑵車の円筒から蒸気を吐く音が聞える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信号灯の関連情報