コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信夫山治貞 しのぶやま はるさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信夫山治貞 しのぶやま-はるさだ

1925-1977 昭和時代の力士。
大正14年3月21日生まれ。小野川部屋に入門し,昭和15年初土俵。応召後,21年に復帰し,25年入幕。もろ差しの名手で「りゃんこの信夫」とよばれ,30年代前半に活躍。最高位関脇。技能賞6回,殊勲賞1回,敢闘賞1回。35年引退,年寄山響を襲名。昭和52年9月2日死去。52歳。福島県出身。本名は本間栄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

信夫山治貞の関連キーワード昭和時代力士

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android