信州鎌(読み)しんしゅうかま

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

信州鎌[金工]
しんしゅうかま

北陸甲信越地方、長野県の地域ブランド。
長野県上水内郡信濃町・上水内郡飯綱町・長野市千曲市の区域内で製造された川中島の合戦の頃から信州鎌がつくられるようになったという。鎌の背が厚く、刃は非常に薄くつくられているため、強靱でありながら良く切れる。伝統の技術を継承する職人たちによって、鍛錬と入念な仕上げなされた草刈鎌。2007(平成19)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5025535号。地域団体商標の権利者は、信州打刃物工業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android