信瑞(読み)しんずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信瑞 しんずい

?-1279 鎌倉時代の僧。
浄土宗。隆寛,信空にまなび,京都弘願寺にはいる。寛元2年泉涌寺(せんにゅうじ)開山(かいさん)俊芿(しゅんじょう)の伝記をまとめる。弘長(こうちょう)2年(1262)北条時頼に自著の法然(ほうねん)伝「黒谷上人伝」を献上。また「明義進行集(みょうぎしんぎょうしゅう)」をあらわし,信空のとなえた無観称名の教義をひろめた。弘安(こうあん)2年11月22日死去。号は敬西房(きょうさいぼう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android