コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信瑞 しんずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信瑞 しんずい

?-1279 鎌倉時代の僧。
浄土宗。隆寛,信空にまなび,京都弘願寺にはいる。寛元2年泉涌寺(せんにゅうじ)開山(かいさん)俊芿(しゅんじょう)の伝記をまとめる。弘長(こうちょう)2年(1262)北条時頼に自著の法然(ほうねん)伝「黒谷上人伝」を献上。また「明義進行集(みょうぎしんぎょうしゅう)」をあらわし,信空のとなえた無観称名の教義をひろめた。弘安(こうあん)2年11月22日死去。号は敬西房(きょうさいぼう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信瑞の関連キーワード熱原法難宋代美術宋(中国の王朝(960~1279))宋銭十六夜日記厓山嵯峨の大念仏誠照寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android