信賞必罰(読み)しんしょうひつばつ

四字熟語を知る辞典「信賞必罰」の解説

信賞必罰

功績のあるには必ずを与え、罪をおかした者は必ずすること。

[使用例] 社員大会は、五階の大会議室で行われた。九百人集まった社員の前で、その月の信賞必罰が行われる[山崎豊子*死亡記事|1958]

[解説] 「信賞」は必ず賞を与えること、「必罰」は必ず罰すること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「信賞必罰」の解説

しんしょう‐ひつばつ シンシャウ‥【信賞必罰】

〘名〙 功労のある者には約束どおり賞を与え、罪をおかした者は必ず罰すること。
※授業編(1783)五「信賞必罰(シンシャウヒツバツ)法令を守り僥倖を抑え名実を明らかにし」 〔漢書‐宣帝紀賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「信賞必罰」の解説

しんしょう‐ひつばつ〔シンシヤウ‐〕【信賞必罰】

功績があれば必ず賞を与え、罪があれば必ず罰すること。賞罰けじめを厳正にし、確実に行うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android