コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けじめ ケジメ

デジタル大辞泉の解説

けじめ〔けぢめ〕

物と物との相違。区別。
「やっと人間の顔色の―がつくほどの光が」〈徳永太陽のない街
道徳や規範によって行動・態度に示す区別。節度ある態度。「公私のけじめをつける」「親子の間にもけじめが必要だ」
連続する物事などの境目。区切れ。「季節のけじめ
へだて。くぎり。しきり。
「こなたかなた御几帳ばかりを―にて」〈・若菜下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けじめ

あるものと他のものとの相違。区別。差別。 「善悪の-」
道徳や社会的規範に従って言動に表す区別。言動における節度。 「公私の-」 「師弟の-」
次第に移り変わってゆく物事の、前とあとのちがい。 「うちつぎて、世の中のまつりごとなど、殊にかはる-もなかりけり/源氏 若菜下
隔て。しきり。 「こなたかなた御几帳ばかりを-にて/源氏 若菜下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

けじめの関連キーワード男女七歳にして席を同じゅうせず分かつ・別つ・頒つずるずるべったりみやざき金ふぐピリオドを打つ締まり・締り折り目・折目尻も結ばぬ糸弁別・分別とよた真帆ずるずる活け締め江戸英雄けじめる信賞必罰ふしだら子供部屋乱れる狎れるだらし

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けじめの関連情報