コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俣野真竜(2代) またの しんりゅう

1件 の用語解説(俣野真竜(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

俣野真竜(2代) またの-しんりゅう

1842-1902 幕末-明治時代の尺八奏者,製管師。
天保(てんぽう)13年1月19日生まれ。初代俣野真竜の長男。禁裏の衛士や泉涌(せんにゅう)寺の寺侍をつとめた。地歌との合奏もおこない,三味線,篠笛もよくした。また林虎月ら製管師を養成した。3代目は2代の次男がつぐ。明治35年10月8日死去。61歳。京都出身。名は恭当(ゆきまさ)。通称は喜太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

俣野真竜(2代)の関連キーワード普化尺八荒木古童(初代)小林紫山神如道原如童福城知義細川行真真島鶴堂村瀬竹翁山口四郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone