コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁裏/禁裡 キンリ

デジタル大辞泉の解説

きん‐り【禁裏/禁×裡】

《みだりにその中に入ることを禁じる意から》
天皇の住居。皇居。禁中。御所。
天皇禁裏様

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

禁裏【きんり】

天皇が常住する所。古代は内裏(だいり)の語が使われることが多く,禁中も用いられた。とくに江戸時代は禁裏が多用されるようになる。
→関連項目四座雑色

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんり【禁裏】

天皇がつねに居住しているところ。禁中,内裏(だいり)も同じ意味である。六国史においては,内裏が主として用いられ,〈定策禁中〉のように,禁中が数回見えるのみで,禁裏という語は用いられなかったが,時代が下るにしたがって,禁裏御倉や禁裏供御人などしだいに用いられるようになり,とくに江戸時代になると,幕府の役職名にも〈禁裏附〉(公家では〈附武士〉とよんだ)のあるごとく,多用されている。内裏【今江 広道】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の禁裏/禁裡の言及

【皇居】より

…天皇の住居。古くは宮,宮室,内裏,禁裏,禁中,禁闕,内,御所などのほか,大宮,大内,九重,百敷(ももしき)などの美称もあり,〈皇居〉の語も平安時代には記録に見える。東京遷都に際し,江戸城を東京城と改称,ついで皇城と公称したが,明治宮殿完成後は宮城を公称と定めた。…

※「禁裏/禁裡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

禁裏/禁裡の関連キーワード山脇和泉(7代)右衛門尉国久禁廷・禁庭京都町奉行上桂供御人京都七口関広渡心海池田綱政江村春甫三宅庄市清浄華院有田貞勝高木守久今宮神人鶴沢探鯨入江道仙海北友徳左甚五郎徳永昌重立入宗継

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android