コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サウジアラビア サウジアラビア Saudi Arabia

翻訳|Saudi Arabia

8件 の用語解説(サウジアラビアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サウジアラビア
サウジアラビア
Saudi Arabia

正式名称 サウジアラビア王国 Al-Mamlakah al-`Arabīyah as-Sa`ūdīyah。面積 214万9690km2人口 2857万2000(2011推計)。首都 リヤード

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

サウジアラビア

アラビア半島の中北部を占めるイスラム王国。面積は215万平方キロメートルで、日本の6倍近く。人口は約2600万人(2009年現在)で、海外からの労働者が4分の1を占める。首都は内陸北東部のリヤド。半島西部のメッカメディナイスラム教の聖地として、多くの巡礼者を集める。石油の生産量・埋蔵量は世界有数で、輸出量は世界一国家財政の大半を石油関連収入に依存している。
建国の歴史は浅い。二大聖地のある半島西部は長らくオスマン=トルコの領土であったが、内陸部では多くの部族が群雄割拠していた。その中から頭角を現したのが、サウード家である。サウード家は周辺部族を次々と従え、19世紀初頭にはメッカとメディナも支配下に入れた。その後、一時ラシード家追われるが、1902年にイブン・サウード(アジーズ2世)がリヤドを奪回し、再びアラビア半島のほぼ全域を版図に収めた。
32年、サウードはサウジアラビアを建国、初代国王の座についた。以来、現在の元首であるアブドラ国王まで、サウード家による祭政一致の王族支配が続いている。サウジアラビアの国名は、「サウード家のアラビア王国」という意味である。
サウード家は聖典コーラン(クルアーン)の戒律に忠実なワッハーブ派(スンニ派)を支持する。ワッハーブ派は初期イスラムの原理とムハンマドのスンニ(行動規範)を重んじる復古主義の一派で、シーア派見られる偶像崇拝や神秘主義的傾向などは一切否定する。建国以来、サウード家はワッハーブ派のイスラム解釈を国政に適用しており、国民にも日常生活の全般においてイスラム法(シャリーア)に則った宗教的実践を要求する。政党・議会及び憲法も存在しない。
内政ではこうした原理主義的支配を貫く一方、外交ではアラブ世界の穏健派として、欧米の信頼も取り付けている。90年の湾岸戦争の時には米軍主体の多国籍軍の駐留を認め、国内外の敬虔(けいけん)なムスリム(イスラム教徒)を失望させた。また、パレスチナ問題でも、アラブ世界の連帯強化を提唱しながら、反イスラエル強硬派とは一線を画するなど、自国の王制維持と地域の安定を優先した全方位外交を進めている。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

サウジアラビア

アラビア半島の8割を占める君主国家で、人口は約2800万人。第2代から現7代サルマン国王まではアブドルアジズ初代国王の息子。イスラム教の聖地メッカとメディナがあり、国王の正式呼称は「二つの聖モスクの守護者」。イスラム教スンニ派が多数だが、石油施設が集中する東部州などに15%のシーア派人口を抱える。14年の石油生産量は日産1150万5千バレルで、米国に次いで世界2位。

(2016-02-05 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サウジ‐アラビア(Saudi Arabia)

サウド家のアラビアの意》アラビア半島の大半を占めるイスラム王国。首都リヤド。1932年イブン=サウードが建国。国土の大部分は砂漠で、遊牧民が多い。ペルシア湾岸は世界有数の油田地帯で、1938年以後、石油採掘が盛ん。北西部のヒジャーズ地方にはイスラム教の聖地メッカがある。人口2573万(2010)。サウーディーヤ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サウジアラビア

◎正式名称−サウジアラビア王国Kingdom of Saudi Arabia。◎面積−214万9690km2。◎人口−2714万人(2010)。◎首都−リヤド(519万人,郊外を含む,2010)。
→関連項目ウサマ・ビン・ラディンファハド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サウジアラビア【Saudi Arabia】

正式名称=サウジアラビア王国al-Mamlaka al-‘Arabīya al-Sa‘ūdīya∥Kingdom of Saudi Arabia面積=224万km2人口(1996)=1842万人首都=リヤードRiyād(日本との時差=-6時間)主要言語=アラビア語通貨=サウジ・リヤルSaudi Riyālアラビア半島の約80%を占める王国。ナジュド出身のサウード家のアブド・アルアジーズ・ブン・サウードが建国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サウジアラビア【Saudi Arabia】

アラビア半島の大部分を占める専制君主国。国土のほとんどが砂漠で、ペルシャ湾岸は石油の大産地。イスラム教の発祥地で聖地メッカ・メジナがある。1902年イブン=サウドがオスマン帝国の支配を脱してリヤドを平定し、25年ヘジャズ王国を併合。32年サウド王家の名をとって現名に改称。住民はアラブ人。イスラム教のワッハーブ派を国教とする。遊牧民が多い。首都リヤド。略称、サウジ。面積215万平方キロメートル。人口2460万( 2005)。正称、サウジアラビア王国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サウジアラビア
さうじあらびあ
Kingdom of Saudi Arabia英語
Al-Mamlaka al-‘Arabya as-Sa‘dyaアラビア語

アジア大陸の南西端に位置し、アラビア半島の5分の4を占める王国。正称はサウジアラビア王国Al-Mamlaka al-‘Arabya as-Sa‘dya。北はヨルダン、イラク、クウェートと、アラビア湾(ペルシア湾)に臨む東は海上のバーレーンをはじめカタール、アラブ首長国連邦と、南東はオマーンと接し、西は紅海に臨み、南でイエメンと接する。南方および東方のイエメンとの国境線は確定していない。推定面積は214万9690平方キロメートル、人口2367万9000(2006推計)。首都はリヤド。[片倉もとこ]

自然

国土は、ヒジャーズ、アシール、ネジド、ハサの四つの地域に区分される。ヒジャーズは紅海の海岸に沿った南北1400キロメートル、幅15~60キロメートルの細長い地域で、北はアカバ湾から南はアシールの辺境に至る。東部はヒジャーズ山脈の急峻(きゅうしゅん)で重畳とした山地が延々とそそり立っている。高いものは2500メートルに及び、多くは火成岩からなり、豊富に金属を埋蔵している。アシールはアラビア語で難路、危険地という意味の地名で、ヒジャーズ地方の南からイエメンの北境までの地域である。東側のヒジャーズ山脈の延長地帯は急峻であり、2500メートル前後の山地が続き、道路は少なく、ロバさえ登攀(とうはん)はむずかしいといわれる。しかし、冬季には流水のみられるワジ(涸(か)れ川)が多く刻まれ、降雨も所によっては年間300ミリメートルに及ぶ。この降雨があるためアブハのような山岳都市も発達している。またワジ沿いには南北320キロメートル、東西75キロメートルほどの平原地帯が広がっており、ティハーマとよばれている。山地は東方に向かって緩い傾斜で降下し、この傾斜の緩さが土地の侵食を阻んで農耕地を提供している。ネジドは高地という意味で、サウジアラビアの中央部にある高原地帯をさす。おもに石灰岩と砂岩とからなるが、西部縁辺には幅35キロメートルに及ぶ火成岩の地域も存在する。この地域はサウジアラビアの中枢で、同国の国家統一のイデオロギーとなった戒律の厳しいイスラム教の宗派、ワッハーブ派の発祥地でもある。現在の首都リヤドもここに位置する。リヤドの年平均気温は26℃、年降水量は135.7ミリメートルと高温乾燥気候である。7月の平均気温は35.8℃に達し、雨はほとんど降らない。ハサは、地表面近くに水の存在する砂地という意味の地名である。サウジアラビア東部の地域をさし、東はアラビア湾に臨み、西はネジド地方、北はクウェート、南はルブ・アル・ハーリー大砂漠に接する堆積岩(たいせきがん)地帯である。油田はこの地域に集中しており、同国の莫大(ばくだい)な石油収入の源となっている。[片倉もとこ]

歴史

アラビア半島は7世紀以後イスラム文明が興隆し、10~15世紀にかけてエジプト、16世紀以降はオスマン帝国の支配を受けた。1902年、この地に割拠していた部族の一つサウド家の王アブドゥル・アジズ(通称イブン・サウド)がリヤドを中心に近隣諸部族を平定、1926年「ヒジャーズおよびネジドの王」の位についた。1927年にはイギリスとの協定により独立を達成、1932年国名をサウジアラビア(サウド家のアラビア)と改めた。1938年の油田発見に始まる石油開発は、第二次世界大戦後アメリカ資本のアラムコによって本格的に着手され、生産量が急増し、サウジアラビアは世界有数の産油国となった(アラムコはサウジアラビア国有化後の1988年、サウジアラビア国営石油=サウジアラムコに改称)。
 しかし、1953年アブドゥル・アジズの死後王位を継いだ国王サウドは放漫支出などの失政を問われて、1964年に弟のファイサルに王位を譲った。ファイサルは閣僚会議の創設など官僚制による政治の近代化を図るとともに、国家基本法の制定、司法機関の整備などの新政策を打ち出し、近代国家としての基礎を築いた。1975年3月ファイサルは甥(おい)のムサエド王子に暗殺され、ハリド皇太子が後を継いだ。ハリドはファイサルの政策を踏襲したが、1982年6月病死し、ファハド皇太子が国王に指名された。この間、1979年11月、サウジアラビアの一部族を主体とするイスラム教徒過激派が聖地メッカのハラム大モスクを占拠する事件や、東部油田地帯でシーア派イスラム教徒の暴動が発生し、大きな衝撃を与えた。その後も多数の死者を出した1987年のメッカにおけるイラン人巡礼団の反米デモと警察との衝突事件や、1995、1996年の対アメリカ軍爆弾テロ事件、2001年のアメリカ同時多発テロ(サウジアラビア出身のビンラディンが黒幕としてかかわったとされる)などが起きている。2005年のファハドの死後は、1995年以来病身の国王にかわって国政の実務をとっていたアブドラが即位した。[片倉もとこ]

政治

国王は王であると同時にイマーム(宗教上の長)でもあり、18世紀にムハンマド・イブン・アブドゥル・ワッハーブが提唱した、厳格なイスラム教への復帰を目ざすワッハービズムを建国の基礎としている。すなわち一種の政教混合政体で、国王の権限は立法、司法、行政各方面にわたり絶対のものである。しかしイスラム法(シャリーア)と慣習法によって政治を行うことが義務づけられており、その権限は無制限ではない。イスラム法は、ウラマーとよばれるイスラム教の長老たちによって解釈、運用されるものである。成文の憲法は存在していなかったが、1992年に制定された統治基本法で、サウジアラビアはイスラム法を法体系とする王制であることが明記され、憲法はコーランとスンナ(預言者ムハンマドの言葉や行為を意味する)であるとされた。なお、統治基本法とともに、諮問評議会法、地方行政法が制定された。政党はいっさい認められていないが、勅命により設置された閣僚会議には、国防航空、都市村落、内務、外務、国務、司法、イスラム事項、水資源電力、人事、高等教育、教育、文化情報、商工業、石油鉱物資源、財政、巡礼、経済企画、労働社会問題、農業、運輸、通信情報技術、保健などの各大臣が置かれている。これらは行政面で国王を補佐するのみならず、立法においても法案を提出し、国王がこれを裁可すれば勅命となる。議会に類する機関として、前述の諮問評議会法に基づき1993年に設置された諮問評議会がある。諮問評議会の機能は限定されており、立法権はないが立法機能は有すると考えられる。評議員は国王の勅令によって選出され、任期は4年で150議席。立法権は内閣の閣僚で構成される閣僚評議会がもち、新法制定には国王(首相)の承認が必要である。民法関係はおもにイスラム法が適用され、土地、水利権などに関しては慣習法によっているが、急速に発展していく経済に対応するため、税法、商法、労働法、鉱業法、外国投資法、産業保護法などに類するものが制定されている。
 地方行政に関しては、行政区としての州、その構成単位としての県、郡、区が定められている。現在13州に分割されており、1992年に公布された地方行政法により、各州に地方行政の責任機関として州会議が設置された。知事と副知事の任免は、内務大臣の勧告に基づき勅令によって行われる。
 2005年2~4月、民主化への改革の一環として地方議会選挙が実施された。地方議会の定員の半数を選挙で選ぶもので(あとの半数は任命)、サウジアラビア建国以来、初の全国規模の選挙となった。選挙権が与えられたのは21歳以上の男性で、有権者は事前に選挙人登録を行う必要があるが、選挙人登録者数は有権者の15~30%程度であったとされる。なお、軍人・警察等の治安関係者は有権者資格を有しなかった。[片倉もとこ]

外交

外交政策は、アラビア半島の安定化とイスラム世界の連帯、反シオニズム、親欧米などを基本としている。また、巨額のオイル・ダラーを武器に、開発途上国への資金援助、西側先進国との協調外交を推進している。中東問題については一貫して穏健な姿勢を示してきたが、1979年のエジプトとイスラエルの平和条約締結には反対を表明したため、一時エジプトとの関係が悪化した。しかし、その後回復している。1990年8月の湾岸危機にあたっては、米軍主体の多国籍軍の国内展開を受け入れた。2002年2月アブドラは、イスラエルの占領地からの撤退を条件とするアラブ諸国との関係正常化という中東和平案「アブドラ提案」を提示。同年3月のアラブ首脳会議において、このアブドラ提案を盛り込んだ「ベイルート宣言」が採択された。また2007年にはパレスチナ挙国一致内閣樹立を目ざすメッカ合意を成立させた。
 軍隊は志願制で、総兵力12万4500人、そのうち陸軍が7万5000人、海軍が1万5500人、空軍が1万8000人、防空軍が1万6000人を占める(2003)。ほかに国内治安を担当する国家警備隊、国境・沿岸警備隊がある。[片倉もとこ]

経済・産業

第二次世界大戦前の国家収入は、少量のナツメヤシの輸出と、毎年1回行われるメッカ巡礼に集まる各国からの巡礼者が直接間接に落とす金に依存していた。1938年東部ハサ地区で石油が発見されると、戦後の急激な石油需要の増大に対応して石油生産が大幅に伸張し、同国の経済は一変した。石油生産は1980年には年産36億バレルに達し世界第1位となったが、1982年からの「逆オイル・ショック」で石油の価格、生産量とも激減し、1983年には前年比30%減の17億バレルでソ連、アメリカに次いで世界第3位となった。しかし、確認埋蔵量は2007年現在2643億バレルで世界第1位であり、石油輸出国機構(OPEC(オペック))内の割当量も日量900万バレル前後で世界一と回復し、2007年は日量1041.3万バレルの原油生産量となっている。石油関連収入は国家歳入の約80%を占め、残りは関税、ザカート(喜捨)などからなっている。
 この莫大(ばくだい)な石油収入を基礎として政府は産業の総合開発計画を強力に推進し、国民の生活水準の向上に努力している。また国土開発の基本条件である交通網の整備にも力を入れている。2005年現在、鉄道はリヤド―ダンマム間のみで、総延長は1394キロメートルであるが、リヤド―ジッダ間約950キロメートルの新鉄道路線建設や既存路線の改良計画などを含むサウジアラビア鉄道路線拡大プロジェクトが進行中である。主要都市を結ぶアスファルト道路は着々と整えられ、主要都市には国内線用の飛行場も建設されている。一方では、石油収入は無制限でないことが認識されて、開発五か年計画が1970年から実施されるなど、経済開発計画の総合調整、モノカルチュア(単一商品)経済からの脱皮が試みられている。1975年の第二次五か年計画に続き、1980年5月から始まった第三次五か年計画では、石油収入の減少に伴い計画の手直しを余儀なくされた。経済開発計画はその後も続けて実施され、1995年からの五か年計画では石油依存経済からの脱却、補助金の削減、2000年からの五か年計画では国家収入の多角化、財政赤字ゼロ、生産拡大、国民の雇用機会増大などが主要目標とされた。この長期開発計画によって、経済資源や社会基盤の開発が順調に進められている。
 サウジアラビアは国土の98%が砂漠または半砂漠で、耕地面積は1.6%にすぎず、農牧業の国内総生産(GDP)に占める割合は5.2%となっている(2002)。農業の振興と遊牧民の定着化が図られ、農作物の一部は近隣諸国に輸出するまでになっているが、穀物をはじめ大部分の食料は輸入に依存している。2008年の国内総生産(GDP)は4675億ドル、国民1人当りGDPは1万8855ドル、1人当りの国民総所得(GNI)は2004年には1万0462ドル、2007年には1万5440ドルになっている。
 輸入は、第二次五か年計画の前半に毎年50%を超す伸びを続けてきたが、1980年以後伸び率が減少し、1982年は15.7%増の404億7258万ドルとなり、1994年には302億7207万ドルに落ち着いた。その後はふたたび増加し、2004年には445億1700万ドル、2007年には901億ドルとなっている。一方ほぼ100%を原油、天然ガスで占める輸出は2000年には775億ドル、2004年には1257億2800万ドル、2007年には2340億ドルと、貿易収支は依然として黒字である。おもな輸出品目は原油76.8%、石油製品8.7%、液化石油ガス(LGP)3%、おもな輸入品目は機械類26%、自動車14.9%、鉄鋼8.2%、医薬品2.8%、金属製品2.7%、衣類2.4%など(2006)。おもな輸出相手国は日本、アメリカ、韓国、中国など、おもな輸入相手国はアメリカ、中国、ドイツ、日本など。
 2005年12月、サウジアラビアは世界貿易機関(WTO)の149番目の加盟国となった。サウジアラビアはWTOの前身であるガット(GATT=関税と貿易に関する一般協定)へ1993年より加盟申請をしており、加盟交渉は12年に及んだ。[片倉もとこ]

社会・文化

サウジアラビア人の多くはアラビア半島出身の純粋のアラブ人であり、エジプト人などのように本来は異民族であったのがアラブ化してアラブ人となったものとは異なる。イスラム教の聖典コーランのアラビア語は、アラブ世界およびイスラム圏に共通であるが、サウジアラビア人は、一部を除いてこの正統アラビア語に近い用法と発音を保持している。住民は生活様式の違いはあっても、フィリピンからの出稼ぎ労働者などを除いてはイスラム教を奉じている者がほとんどである。イスラム教のなかにもいろいろな流れがあるが、サウジアラビアはスンニー派のなかのハンバリー学派ワッハーブ派が支配的である。この宗派は18世紀のサウジアラビアにおこり、その戒律はイスラム世界を通じてもっとも厳しく、現在でも在住外国人も含めた全住民に飲酒を禁じている。偶像崇拝は厳しく否定され、預言者ムハンマド(マホメット)の肖像画を掲げることはおろか、輸入した玩具(がんぐ)の人形やマネキンでさえも、その首を切ったうえでなければ店頭に飾ることが許されなかった。イスラムの二大聖地を守らなければならないという意識は国王が自らを「二聖地の守護者」であると名のることにも表れているが、伝統や戒律を守るため、聖地メッカ、メディナには異教徒の立ち入りが禁止されている。在外公館の設置も紅海沿岸の玄関港ジッダのみに限られ、内陸に位置する首都リヤドには設立が禁じられていたが、近年は多少緩和され、1983年にはすべての在外公館がジッダからリヤドに移転した。テレビ局も設置されているが宗教番組が多い。
 教育には力が入れられ、小学校6年、中学校3年、高等学校3年の六・三・三制で、義務教育は15歳(中学校)までだが、ほとんどが高等学校に進学するので高等学校まで義務教育とすることも検討されている。公立の学校は小学校から大学まで授業料は無料、大学では国家から寄宿費、書籍代などが支給される。男女共学はなく、女子の学校は別にあり、女子教育は文部省の管轄下から独立して女子教育庁の下にある。ファイサル時代に教員養成学校、女子専門学校のほか各種技術の専門学校が設けられ、また国費による海外留学の奨励も活発である。大学はキング・サウド大学(リヤド、1957創立、1980年まではリヤド大学と呼称)、キング・ファハド石油鉱山大学(ダハラーン、1963創立)、イスラム大学(メディナ、1961創立)、キング・アブドゥル・アジズ国王大学(ジッダ、1967創立)、イマーム・ムハンマド・ビン・サウド・イスラム大学(リヤド、1978創立)、キング・ファイサル大学(ダンマム、1975創立)などがある。女子部が設置されている大学もあるが、校舎、講義をも含むすべてが分離されている。
 すべての新聞、雑誌が文化情報省の監督下にある。1930年代にはアル・ビラード紙(ジッダ、1934創刊)、アル・メディナ・アル・ムナッワラ紙(ジッダ、1937創刊)などのアラビア語紙が創刊された。現在アラビア語の日刊紙は、アル・リヤド紙、アル・ジャジーラ紙、アルワタン紙、アルヤウム紙、アッシャルク・アル・アウサト紙、オカズ紙などが発行されている。英字紙としては、1961年創刊のニュース・フロム・サウジアラビア紙、1975年創刊のアラブ・ニュース紙のほかサウジ・ガゼット紙などがある。国営通信社としてサウジ・プレス・エージェンシーがある。サウジアラビア国営放送局はアラビア語放送(第1チャンネル)、英語放送(第2チャンネル。ニュースはフランス語も放送)、青少年向け番組・スポーツ番組(第3チャンネル)、国際ニュース・時事問題(第4チャンネル)の4チャンネルの放送を行っている。以前は、放送はすべてアラビア語であったが、1965年から1日4時間ほど英語放送が始められた。
 祝祭日は、他のアラブ諸国とは違ってサウジアラビア独自のものは存在せず、イスラム教の祝祭日だけである。(1)新年 ムハッラム(イスラム暦1月)の1日で、ムハンマド(マホメット)の聖遷(ヒジュラ)記念日。(2)アーシューラー ムハッラムの10日で、スンニー派では神アッラーがアダムとイブ、天国と地獄、生と死を創造した日。シーア派ではイマーム・フセインの殉教記念日とされる。(3)ライラ・アル・ミュラージュ ラジャブ(イスラム暦7月)の27日で、預言者ムハンマドがメッカからエルサレムのアクサー・モスクへ夜旅をし、さらに昇天(ミュラージュ)して一夜のうちにメッカに戻ってきたという奇跡を記念した日。(4)イード・ル・フィトル(イードル・フィトル) シャッワール(イスラム暦10月)の1日から3日までで、断食明けの祭り。(5)イード・ル・アドハー(イードル・アドハー) ズー・ル・ヒッジャ(イスラム暦12月)の10日から13日までで、犠牲祭とよばれる年間最大の祭り。
 なお、アラブ諸国でイスラム教の祝祭日とされる預言者ムハンマドの誕生日(マウリド・アッ・ナビー)は、サウジアラビアでは祝祭日とはみなされていない。
 もっとも重要な年中行事は、断食と巡礼である。断食はラマダーン(イスラム暦9月)の30日間、日の出から日没までである。巡礼はズー・ル・ヒッジャの7日から10日まで、世界各地から集まってきたイスラム教徒によって、メッカとその近郊で行われる。なおイスラム暦は、ムハンマドがメッカからメディナに移った西暦622年7月16日にあたる日を1月1日とする。太陰暦であるため太陽暦よりも1年がほぼ11日短い。[片倉もとこ]

日本との関係

サウジアラビアは日本にとって第1位の原油供給国で、日本の石油総輸入量の31.1%(2008)を占めている。1958年(昭和33)8月、アラビア石油は日本の海外石油自主開発第一号として、サウジアラビアとクウェートの中立地帯沖合いで開発を開始した。利権協定に基づき、サウジアラビア、クウェート両政府は、当初より同社にそれぞれ10%の資本参加、1974年からはそれぞれ30%ずつ、合計60%の事業参加を行っていたが、アラビア石油は2000年2月を期限とするサウジアラビアとの石油利権更新交渉に失敗、同年2月28日にサウジアラビアに対する採掘権は失効した。サウジアラビアは日本にとってロシアに次ぐ第24番目(2005)の輸出相手国である。またサウジアラビア側からみて日本は、輸出相手国として第1位、輸入相手国としてアメリカ、中国、ドイツに次いで第4位(2006)となっている。2008年には日本への輸出は5兆2917億円、日本からの輸入は8140億円となっている。日本からの各種分野における開発プロジェクトは活発化し、1975年に締結された経済技術協力協定に基づいて閣僚レベルにおける日本・サウジアラビア合同委員会が設けられた。日本はこの委員会を通じて両国合弁の石油化学プロジェクト、海水淡水化技術の共同開発、リヤドの電気工業学校に対する機材提供、専門家の派遣などを推進している。また、1998年(平成10)10月、「人造り(教育・職業訓練)」「環境」「医療・科学技術」「文化・スポーツ」「投資・合弁」を両国間の協力関係の拡充分野とし、多岐にわたる協力項目を盛り込んだ「日本・ サウジアラビア協力アジェンダ報告書」が、両国関係閣僚によって署名された。なお、2005年は日本とサウジアラビアの外交関係樹立(1955)から50周年にあたる記念の年として、両国政府により年間を通じてさまざまな記念行事が実施された。[片倉もとこ]
『日本貿易振興会編・刊『ジェトロ貿易市場シリーズ295 サウジアラビア』(1989) ▽丸岡将晃著『現代アラビアンナイト』(1994・日本貿易振興会) ▽ジョン・B・フィルビー著、岩永博・冨塚俊夫訳『サウジ・アラビア王朝史』(1997・法政大学出版局・りぶらりあ選書) ▽キャサリン・ブロバーグ著、竹信悦夫訳『目で見る世界の国々65 サウジアラビア』(2004・国土社) ▽世界経済情報サービス編・刊『サウジアラビア(ARCレポート)』各年版(J&Wインターナショナル発売) ▽小山茂樹著『サウジアラビア――岐路に立つイスラームの盟主』(中公新書) ▽岡倉徹志著『メッカとリヤド』(講談社現代新書) ▽岡倉徹志著『サウジアラビア現代史』(文春新書) ▽アントワーヌ・バスブース著、山本知子訳『サウジアラビア 中東の鍵を握る王国』(集英社新書) ▽保坂修司著『サウジアラビア 変わりゆく石油王国』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サウジアラビアの関連キーワードアブダビアラビア医学アラビア湾アラブ人ドーハナフード砂漠メッカヒジャーブアラビア糊イスラム圏からの観光客

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サウジアラビアの関連情報