コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修める オサメル

デジタル大辞泉の解説

おさ・める〔をさめる〕【修める】

[動マ下一][文]をさ・む[マ下二]《「治める」と同語源》
行いや人格を正しくする。心や行動が乱れないように整える。「身を―・める」
学問・技芸などを、学んで身につける。「フランス語を―・める」
壊れた所を補い直す。繕って整える。
「―・め塗りし所の土いまだ乾かず」〈折たく柴の記・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おさめる【修める】

( 動下一 ) [文] マ下二 をさ・む
〔「治める」と同源〕
学問・技芸を身につける。 「学問を-・める」 「医学を-・める」
欠点を直し、足りないところを補って、人格や行いを立派にする。 「身を-・める」
乱れたり、損なわれたりしたところを直す。つくろう。 「そのやぶれを-・め塗らしむ/折たく柴の記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修めるの関連キーワード己に如かざる者を友とするなかれ胎金両部の峰アーザード進修・進脩四十八軽戒一行三昧高橋草山明経の生藤森素檗不惜身命馬場辰猪明経の家八宗兼学戒定慧新島襄ベロー自修勤修夜学五相

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修めるの関連情報